馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

家族みんな安心して通いやすい医院を目指して

親知らず治療の術前・術後

01 親知らず

親知らずは歯ブラシが届かず、磨き残しによる虫歯や歯肉の腫れが起こりやすく、炎症が進んでしまうと膿瘍を形成し入院が必要になってしまう場合があります。

    親知らずを抜いた方がいい場合
  • 親知らずの周りの歯肉が腫れたことがあり、何度か繰り返している
  • 親知らずが虫歯になってしまっている
  • 親知らずの隣の歯に悪影響を起こしている場合
  • 矯正治療の妨げになっている場合

歯科用CTも導入しておりますので、親知らずの状態によっては精密な検査も当院で行うことができます。

口腔粘膜疾患02

02口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患は診断が非常に難しく、歯科医院では見逃されてしまう場合もあります。
当院では歯だけでなく口腔粘膜もくまなくチェックいたします。お体の入り口としての口腔として診断、治療を行っております。

口腔粘膜疾患01

03歯の外傷

不慮の事故により、歯が折れる・ぐらぐらになる・抜けるなどのトラブルに見舞われることもあると思います。当院ではそのようなトラブルにも対応いたします。

    歯の折れた状態・抜けた状態によって対応は様々です。
  • すぐに修復できる
  • 親知らずが虫歯になってしまっている
  • かぶせものをすれば修復できる
  • 神経を取る必要がある
  • しばらく固定すれば治る
  • 抜く必要がある

事故から治療までの時間が短いほど治療の成績が良いとされてます。万一事故にあわれた患者様は、頭部やお体に問題なければ当院にご連絡の上、できるだけ早めにご来院ください。

※破折した歯がある場合はご持参ください。
※抜けてしまった場合、歯に汚れがなければお口のもとの場所に戻してください。
※汚れていたり、元の場所に戻せない場合は牛乳(もしくは生理食塩水)のなかに入れてできるだけ早めにご来院くだい。

顎の関節

04顎の関節

口を開けたり噛んだりするとジャリジャリ、コキコキ音がなっていたら顎関節症の疑いがあります。顎関節症は症状が進むと痛みを伴ったり口が開かなくなり、生活に支障が出てきます。
顎関節の治療ではマウスピースを装着するスプリント療法、顎関節のストレッチや噛み方の工夫を行うリハビリテーションで改善を図ります。

良性腫瘍・嚢胞

05良性腫瘍・嚢胞

良性腫瘍は悪性腫瘍のように命に関わったり転移することはありませんが、準悪性と言われる注意が必要なものがあります。表面にできた腫瘍は容易に発見できますが、レントゲンで腫瘍や嚢胞が偶然映る場合もあります。そのような場合は歯科用CTで精密に検査をすることができます。

特殊歯科(障害をお持ちの患者様)

06特殊歯科(障害をお持ちの患者様)

当院では障害をお持ちの患者様の治療も行っております。特に院長は総合病院で特殊歯科を行っておりました。全身麻酔の適応となる場合もあり、全て対応可能とは申し上げられませんが、可能な限り対応させていただきます。特殊歯科は完全予約制とさせていただきますので、ご予約はお電話でお願いいたします。

pagetop