馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

金属を使った治療

こんばんは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 日本は健康保険を使って治療をされる方がほとんどです。日本の保険治療では金属を使った治療が行われています。保険治療では国の定めた材料しか使うことはできませんので致し方ありません。 実はこの金属は多くは「12%金銀パラジウム合金」は日本でしかほぼ使われていない金属です。確かに国が定めた材料であることに間違いはないのですが、金属アレルギーなどによる身...

続きを読む

虫歯の治療 レジン修復

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 虫歯の治療は深さや広さで変わります。深くなれば神経を取らないといけませんし、広くなると型をとって金属を詰めなければいけないかもしれません。 これは虫歯を削ったところです。前歯の歯の間が虫歯になっていました。大きい虫歯に見えるかもしれませんが、C2という中程度の虫歯です。これくらいであればレジン修復という白い詰め物で治すことができます。 こち...

続きを読む

施設基準 歯CAD

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 今日は施設基準、歯CADについて説明します。 保険診療で奥歯でも白い歯を入れられることをご存知ですか?CAD/CAM冠というものが保険診療で入れることができます。「奥歯は白いものは保険診療では入れられない」と説明を受けてらっしゃる方がいましたらそれは歯CADという施設基準を取得していない歯科医院だからです。 今でも銀歯で治療をすることはあります...

続きを読む

仮歯作成の練習

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 先日、技工士さんに仮歯の作り方をレクチャーしてもらいました。差し歯や入れ歯を作るのは歯科医師ではなく、技工士さんが作ります。当院にきてくださっている技工士さんに仮歯作成のデモンストレーションをお願いして快く引き受けてくださいました。 虫歯の治療などで削ってしまうと歯の形が小さくなってしまい、見栄えや機能に影響を及ぼします。そういった場合に仮歯...

続きを読む

歯科技工士さんの腕

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 皆さん、歯の型取りをしたことがありますか?歯の型取りをしたらその後、どのようにして差し歯や入れ歯が出来上がるかご存知でしょうか。 型取りをして、差し歯を作るのは歯科医師ではありません。歯科医師が作る場合もありますが、ほとんどは技工士さんが作成してくれます。良い差し歯、入れ歯を作るためには綺麗に削ること、綺麗に型をとること、綺麗に作成すること、こ...

続きを読む

神経をとる治療

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 虫歯は深さによって治療方法が異なります。 浅い虫歯:コンポジットレジンと言われる白い詰め物で治す。治療回数は一回で、比較的きれいに治せる。 中くらいの虫歯:型をとって金属を作ったり、ご希望があれば白いきれいな材料(保険診療では行えない場合が多い)で治します。 深い虫歯:歯の中の神経をとって、差し歯を入れて治します。 本日は深い虫歯、神経を取る治...

続きを読む

治療したあとに痛みが出ることがあるのはなんで?

こんばんは。 麻酔して虫歯を削って詰め物したけど、そのあとから痛みがでた!ということはありませんか?処置後の痛みが出てしまう場合は色々ありますが、今日は神経を残そうと治療をした場合のお話をします。 まず、歯科治療の基本にオーバーに歯を削らない、神経はできる限り残す!という大前提があります。神経を取ってしまうと歯の寿命は短くなります。ですので我々歯科医師は神経残せるか残せないかのギリギリを攻めること...

続きを読む

根っこの治療の便利な機械

こんばんは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。 今日は根っこの治療についてお話しします。 歯医者「虫歯が深くて神経まで行ってしまっているので、神経を取りますね」と言われたことはありませんか?虫歯は深さによって治療方法が異なります。「白い詰め物」や「型取りして模型上で作った詰め物」では虫歯が取りきれないので、歯の神経まで取らなくてはいけませんね、ということです。歯の中心には神経があり、その治療...

続きを読む

カテゴリー

pagetop