馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

歯の雑学 麻酔

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

今日は歯科医院で行う麻酔についてお話しします。歯の治療をおこなう際、よく行う歯科の麻酔。歯茎に打つあれです。いやですよね・・・麻酔が効くのか不安になりますよね。私も先日虫歯の治療を副院長にしてもらいました。小学生以来の麻酔でした。痛くはなかったですが、緊張しました(笑)

まず、麻酔には局所麻酔と全身麻酔がありますが、一般歯科で行うのは局所麻酔です。大きな手術などで行う眠ってしまう(寝ているだけでなく呼吸も止まるのですが・・・)麻酔が全身麻酔です。鎮静麻酔というものもありますが、これは気分を落ち着かせて半分寝てしまうような麻酔です。馬込沢うすくら歯科でも、インプラントの手術などで行う場合もあります。歯科で行う局所麻酔は大人の場合およそ1~3時間の効果があります。歯の周囲まで麻痺させますので治療後も麻酔の効果が残ります。時間がたてば麻痺は取れますので心配しないで大丈夫です。

麻酔後は注意事項があります。頬を噛んでしまったり、温熱刺激を麻酔した箇所は感じません。麻酔が完全に切れてから食事をしてください。特にお子さんの場合、麻酔が切れたら腫れてきた!とお電話をいただくことがあります。お子さんは麻酔の効果が気になって噛んでしまうことがあります。麻酔が切れてきた頃に噛んだ傷によって腫れ上がってしまうのです。麻酔をした部分に傷がついていたとしても、気づかずに菌が入り込んでしまう可能性があります。どうしても食事をする際は、麻酔をしていない反対側で食べてください。

歯科治療の性質上、麻酔が切れた後に治療した箇所の痛みを感じることもあります。こちらも歯科医院で説明をしますが、強い痛みに関しましては我慢しないでご連絡くださいね。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop