馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

歯の雑学 生え変わり

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

本日は乳歯から永久歯への生え変わりのお話です。

生え変わりは6才から12才ぐらいで永久歯へと生え変わっていきます。これは平均なので多少前後しても問題ありません。ただ、永久歯が生えてきているのに乳歯が残っている状態は歯並びに影響しますので、抜歯する必要があります。生えたばかりの永久歯は柔らかく、虫歯になりやすく見た目以上に深い虫歯になってしまう事があります。なので生えたばかりの永久歯は虫歯にならないようにしっかり磨く必要があります。親知らず(8番目)は12才ではなくもっと遅くに生えてきます。生えない方もいらっしゃいますので、変な生え方をして不具合があれば抜く必要もあるのが親知らずです。

お子さんのレントゲンを撮ると顎の骨の中に歯の赤ちゃんがたくさん見えます。生え変わりが始まる6才前後では顎の中で生える準備をしています。6才で生えてくる6才臼歯と言われる永久歯は虫歯になりやすく、大切な歯なのでしっかり磨いてくださいね。永久歯は生えてくる時に乳歯の根を溶かしながら生えてきます。きれいに抜けた乳歯は根っこがないですよね。それは永久歯が乳歯の根を溶かしているからです。永久歯の生え変わりの順番は(生え変わりの順番)をクリックしてください。

先にも書きましたが、生えた手の歯は虫歯になりやすく、進みやすいので予防を積極的に行う必要があります。早い時期からフッ化物塗布を日本歯科医師会はおすすめしております。また、生え変わるから乳歯は虫歯の治療をしなくてもいいわけではありません。進むと痛みも出ますし、永久歯の歯並びにも悪影響があります。虫歯になると乳歯が小さくなってしまうので、永久歯が生えてくるスペース不足になり、ガタガタの歯並びなってしまうかもしれません。

上の前歯の生え変わりの時に「隙間が大きく開いていてこのままで大丈夫でしょうか」とご相談を受ける事があります。「自然と歯が移動し詰まってくるので心配ないですよ」とお伝えします。これは「みにくいアヒルの子の時期」といって、時間が経つと審美的にきれいになるための必要な隙間です。稀に病的な隙間もありますので自己判断はなさらない方がいいと思いますが、多くの場合は心配ありません。

学校歯科検診で「要注意乳歯」にチェックが入ったお手紙をいただく事があると思います。それは生え変わりに悪影響を及ぼしている乳歯の事ですので、一度歯科受診をよろしくお願いいたします。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

 

カテゴリー

pagetop