馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

歯の雑学 歯ブラシの後のうがい

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

みなさま、歯ブラシの後のうがい、しっかりやっていませんか?せっかく磨いてついた汚れを洗い流すため、何度もうがいしていませんか?実は歯ブラシ後のうがいは一回で十分なのです。

虫歯は虫歯菌が糖分を食べて、酸を作ります。これが虫歯の原因で、歯の表面を溶かすことによって穴が開いていきます。初期の状態であれば再石灰化といって元に戻ることがあります。なので私たちは初期虫歯と言われるものは基本的には削りません。再石灰化を期待して、フッ化物を塗ったり削らずにすむように治療を行います。

歯磨き粉にもこのフッ化物はほとんどのものに配合されています。歯磨き粉に含まれるフッ化物の最高濃度は1500ppmまでと定められており、1450ppmの物が多く販売されています。年齢によっても推奨されるフッ化物濃度は異なりますので、大人用歯磨き粉を小さいお子さんに使うのはやめた方がいいです。再石灰化にはフッ化物が大きな役割を持っていますので、歯ブラシ後にフッ化物が残っていることが大切です。歯磨きの短い時間では再石灰化をする時間が短いのです。ですので歯ブラシ後に何度もうがいをするとフッ化物が流れてしまい、効果がなくなってしまうと言われています。歯磨き後のうがいは少量の水で一回程度にしておいて、その後しばらく飲食をしないようにしましょう!

フッ化物に抵抗のある親御さんもいらっしゃいますが、虫歯予防のフッ化物の効果は確立されており、日本歯科医師会もフッ化物の使用を推奨しています。現在、国内で販売される歯磨き剤の多くは身体に安全な濃度ですので安心して使用できます。

歯磨きの後はうがいしすぎないように、歯磨き粉の薬効を最大限発揮できるようにしてくださいね。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop