馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

歯の雑学 噛む力

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

今日は噛む力についてお話しします。

人間の噛む力、思いっきり噛み締めた時の力は自分の体重と同じくらいと言われます。例えば、体重50㎏だとしたら噛む力は50㎏と言われています。(お相撲さんは200kg出るのでしょうか・・・?)50kgの力とはどれくらいなのでしょうか。でもこの噛む力で歯や顎にトラブルが出てきてしまう人はかなり多いんです。普段の生活も関係があり、固いものを好む人や鍛えている人は歯を食いしばることが多いので、体重以上の力になることもあるそうです。また、食事の際に使う力は噛む力の25%~30%程度になります。

歯ぎしり、食いしばりをしている方は要注意です。1日診察していますとかみ合わせが原因で痛みが出てしまっている方を一人は拝見するぐらいの頻度です。歯ぎしりで噛む力は噛める力の最大で無意識に噛んでいることが多いため顎の痛みや歯の破折につながります。そこまでいかなくてもしみる症状が出たり、歯が削れてしまったり・・・。同じ治療をしているにもかかわらず、かみ合わせが強い方はスッキリ症状が消えないこともあります。気になさっている方はご相談ください。マウスピースなどで歯を守る必要があるかもしれません。

かみ合わせの強い方は骨隆起と言って骨が出っ張ってくることがあります。病気ではないのですが歯磨きが不便になったり、場合によっては外科処置で切り落とすこともあります。じゃあ歯軋り食いしばりしないようにするにはどうしたらいいのかという解決策は難しいのですが・・・。

硬い食べ物を噛み砕くためには、これくらいの力が歯と歯茎、骨にかかってきます。 ご自身の歯で長くおいしい食事をしてもらうためにはこの力に耐える歯・歯茎・骨が必要です。そのためには歯の治療、歯茎(歯周病)の治療が大切になります。しっかりと自分の歯で食事が出来れば健康な生活に繋がります。しっかり噛める歯を大切にしましょう。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop