馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

新しく導入したフロスがすごい・・・

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

みなさま、フロスってやってますか?一般的には糸ようじと呼ばれていますが、いろんなタイプが市販されています。患者さんにお伺いすると柄がついていて奥まで届きやすくしているものをお使いの方が多いですね。歯ブラシだけだとお口全体の汚れの60〜70%しか落とせないといいます。残るは歯ブラシでは届かない歯と歯の間に残ってしまいます。そこでフロスを使う必要があるのです。私は正直フロスはどれも同じでしょ?と思っていました。今まで使ったものに大差感じるものはありませんでしたので・・・どのメーカー、どの製品でも同じだと・・・。

フロアフロス

新しく導入したこのフロス・・・本当にすごいです。

384本の繊維でできており、その繊維も特殊加工がされています。通常のデンタルフロスより歯垢がしっかりからまるように作られています。ぴーんと引っ張るとしっかり張りが出るのですが、力を緩めるとボワッと広がり、プラークを絡めとる能力が今までのフロスとは段違いです・・・。すごい。歯科治療でもフロスを通して確認することがあります。例えば差し歯や詰め物を入れたときに隣の歯との隙間を確認したり、接着剤を落としたりするときにフロスを使います。もう今までのフロスは使えません・・・、スッと入って低刺激で滑りも良く、汚れが取れてくれます。歯ブラシの種類について説明することはありますが、フロスの種類について説明することはあまりありませんでした。使いやすいものを使っていただければ、と思っていました。ですがこのフロアフロスは本当にお勧めです。

公式サイトによりますと

・歯肉に軽度炎症のある方

・デンタルフロスを使っているのに、歯周病を繰り返している方

・歯肉縁上、縁下のケアができない方

・他社デンタルフロスで痛い思いをした方

・ごっそりとれる感を味わいたい方

にお勧めだそうです。確かにごっそり取れます。当院の衛生士が家で使っていてぜひ当院でも使いたいとプレゼンしてくれて採用になったフロアフロス。イタリア製でフロス研究第一人者のお墨付きをもらっているこのフロス、検索してみたら元AKB48の指原さん(愛称さっしー)も絶賛しておられました。奇しくも当院の絶賛していた衛生士は坂下(愛称さっしー)です。当院のさっしーもAKBのさっしーも絶賛するフロアフロス、当院は長さ5mは200円、45mは660円、250mは2530円で販売しております。

当院の衛生士が全員使用しているフロアフロス、ぜひ一度試していただきたいです!

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

 

カテゴリー

pagetop