馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

感染対策への取り組み

こんばんは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

yahooニュースにこんな記事が載っていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200307-00000021-pseven-soci&p=4

コロナウイルスに絡んで、歯科医院での感染リスクを考えた方が良いという記事です。記事の内容はともかく、感染対策を行っている歯科医院を洗濯した方がいいというのはその通りだと思います。記事に書かれているような「グローブを使い回す、器具をアルコール消毒だけで使い回す、切削器具の未滅菌での使用」をしている歯科医院が今時あるかはわかりませんが、感染対策をしっかり行っている歯科医院は施設基準というものである程度見極めることができます。

厚生局の定める「外来環境」を整えると「基準を満たした施設」と認められます。先日、感染対策のセミナーを受講しましたがそれもこの「外来環境」を維持する一環です。そのほか、感染対策のため取り組むべき内容や設備が定められており、すべてを満たす必要があります。

馬込沢うすくら歯科は「基準を満たした施設」として厚生局から承認を受けております。ですが、新型コロナウイルスの感染を100%予防できることはありえません。防護服を身につけた検査官ですら感染してしまうんですから・・・

感染対策のための取り組みや設備は整えていてもそれをしっかり行っているか、使うは人です。設備があっても正しく使わなければ意味がない、グローブの使い回しをしていたら「基準を満たしているだけ」で感染対策の全くできていない歯科医院になってしまいます。

馬込沢うすくら歯科では設備を整える、感染対策に取り組む、またそれらをしっかりと毎回行っていくことをお約束いたします!

馬込沢うすくら歯科 院長 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop