馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

学校歯科医

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

当院は船橋歯科医師会に入会しております。歯科医師会に入会しますと、地域貢献をいろいろを担えることになります。診療以外に職責が増えることは大変ですが、やりがいを感じます。

その中の一つに学校歯科医というものがあります。学校で行う歯科検診を行ったり、保健指導を行うのが主な活動です。「7番から5番まで斜線、4番C・・・」・・・それです。

学校歯科検診は本当に難しいです。限られた状況のなか、100人以上のお子さんをみることになります。光量も十分でなく、器具もありません。もちろんレントゲンも撮れません。そのなかで虫歯かどうか判断していくのです。虫歯は進む虫歯や進まない虫歯、治る虫歯もあります。その判断を学校検診で間違いなく正確に行うことは不可能です。

学校検診はスクリーニングといわれます。虫歯と怪しいものはチェックして、近隣の歯科医院に治療するべきか判断してもらうことを目的にしています。虫歯のチェック漏れがあってはいけませんので厳しくつけていきます。それでも歯と歯の間など見ただけではわからないところもありますので、学校検診は本当に難しいです。

「虫歯って言われたのに歯医者行ったら虫歯じゃないって言われた」「虫歯ないって言われたのに治療したほうがいいって言われた」ご意見はごもっともです。ですが判断材料が足りませんので100%間違いなく検診することはどんなに名医でも不可能なのが学校歯科検診です。

担当することになった小学校の児童さんには(できるだけ)チェック漏れのないよう、検診したいと思います!

馬込沢うすくら歯科 院長 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop