馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

入れ歯の作り方

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

今日は歯を失ってしまった時の治療方法、入れ歯(義歯)についてお話します。

入れ歯のいいところは症例を選ばず、どういった場合にも(歯が全てなくなってしまったとしても)歯を足すことのできる治療方法です。また、隣の歯をほぼ傷つけずに治療ができ、取り外しが出来るので比較的綺麗に保つことができます。悪いところは咬む能力が他の治療法よりも劣ってしまうことや違和感があることです。

入れ歯の良し悪しは型どりと噛み合わせできまります。しっかりとそれぞれを記録していかないと新しい入れ歯を作っても合いません。顎の動きや形はひとそれぞれですので、その状態にあった入れ歯を作成するとこが成功のポイントですがそれがとても難しいです。

大まかな型取り→精密な型取り→噛み合わせの位置確認→最終確認→完成→調整

義歯は使ってみると痛みがでたり、頬を咬んだりと色々なことが起こります。なるべく少ない調整で使っていただけるよう作成時から慎重に治療を行う必要があります。

馬込沢うすくら歯科では各工程でのエラーが少なくなるように一つ一つ確認しながら治療を進めています。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

 

 

カテゴリー

pagetop