馬込沢うすくら歯科

鎌ヶ谷市東道野辺の一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科

馬込沢うすくら歯科

MENU

医院ブログ

Clinic Blog

コロナウイルス対策で換気できてるのか確かめました

こんにちは。馬込沢うすくら歯科、院長の薄倉勝也です。

馬込沢うすくら歯科ではコロナウイルス対策のため、換気を行っております。寒くなってきて、換気するのも辛いのですが・・・。二酸化炭素濃度を計測することで換気できているのか可視化することができるそうです。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1288808.html

1000ppm以下だと換気ができている目安になるとのことで、さらに800ppm以下だとコロナウイルス感染も起こらないと海外の発表ではありました。本当かどうかなんてわかりませんが、換気できているのか確かめてみました。

833ppm!もう少しで800ppmを切ったのですが・・・。一応換気はできているようです。人の出入りなどで数値は変わるようですが、指標はクリアしていると思われます。今後もっと寒くなりますので、計測しながら換気したいと思います。これが本当にコロナウイルス感染予防になるのかわかりませんが、今はできることを全て実践するときだと思います。次亜塩素酸水の噴霧が効果があると言われた時もあり、実施していた時もありましたが結局正式には「やっても効果がない、人体に影響があるかもしれない」とやらないことがスタンダードになりました。1000ppmの目安や800ppmなら感染しないなど、眉唾かもしれませんが、できることは実践していきます。

馬込沢うすくら歯科 薄倉勝也

カテゴリー

pagetop